しろがねやブログ

夏に向かって、熱中症対策!

0

    早いもので、明日から6月です。

    今年は比較的涼しい春でしたが、

    この5月は、突然暑くなったり、涼しさが戻ったりの日々でした。

    気象庁の、この夏の予想は、例年以上の暑い日が続くそうです。

     

    そんな中、常に気を付けなければいけないのが、

    熱中症!

    実は、先日、5月というのに友人が家の中で、熱中症になってしまいました。

    家の中で過ごしていたのに、めまいや、体のだるさ、倦怠感がちっとも収まらないので、

    病院で診断してもらったところ、熱中症と診断されました。

     

    熱中症は、

    高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。

    症状は、めまいやだるさ、吐き気、筋肉のけいれんなどで、

    対処としては、涼しいところに移動して、水分塩分の補給をするのですが、

    熱中症に気づくのが遅れた場合、最悪の場合は、命をおとす危険があるということです。

     

    日頃から、水分をこまめにとり、適度な塩分、バランスのとれた食事、十分な睡眠と、

    体力つくりに心がけましょう。

    そして、日頃から、生活環境に気を付けましょう。

    気を付ける点は、

     ^疉は工夫して 通気性、吸湿性、速乾性に優れたものを

     ⊆柴發鯲辰靴。暑い時は我慢は禁物

     今いる場所の、環境の温度と湿度に注意する

     

    そんな中で、今ぜひともお勧めしたい商品があります。

    快適ウォッチ! 

    『快適ウォッチ』は、従来からの火災・ガスもれ・CO(不完全燃焼)の警報機能に加え、
    お部屋が「熱中症」や「インフルエンザ」にかかりやすい温度・湿度であることを、
    ランプの点灯や音声でお知らせする警報器です。
     
    室内にいると、さほど暑く感じなくとも、実は温度湿度が相当上がっていたりします。
    特に、高齢者は若い人に比べて、体感が鈍くなってきていますので、よけいに危険が増してきます。
    ガスもれ・CO(不完全燃焼)だけでなく、
    年間を通じて、室内環境の危険をお知らせする警報器は、
    若い人、お子様のいる家庭はもちろん、
    離れて暮らすお年寄りの方には、ぜひともおすすめしたい商品です。
    金額も、月々のリース料金388円(税込)で、安心価格です。

     


    2017年東邦ガスCS表彰大会 今年は2名の優秀賞獲得しました。

    0

      5月12日・13日・14日に開催いたしました、弊社創業69年祭には、

      多数ご来店、ご契約をいただき、誠に有難うございました。

      毎回お越しくださる方も大勢おられ、三日間楽しい時間を過ごすことができました。

      心より感謝申し上げます。

       

      ところで毎年、創業祭の後に開催される東邦ガス主催の、CS表彰大会。

      都市ガスをお使いのお客様に対して、安全に丁寧に、かつ、お客様のお気持ちに寄り添い

      業務を行うために、サービスレベル向上を目指して毎年CS活動を行っています

       

      さて、CSって何?といいますと、「コトバンク」によりますと

      CSとは、顧客満足度(Customer satisfactionの略)の事をいいます。

      どれ位の満足を感じることができるか、という考え方です。

      企業は、その満足度がどの位であるかを算出し、商品開発や、サービス提供の向上に

      結びつけることができます。

       

      こと、都市ガスに関することは、日頃常に、万全の注意を図って業務にあたっております。

      しかし、ガスという性質上決してあってはならないのですが、

      生命財産の危機が生じる可能性が無きにしも非ずです。

      そのことは例えると、車の運転のようです。安全で当たり前」

      その、当たり前のことを当たり前のレベルを超えて、よりお客様に
      「よかった!」と満足して頂けるために、日々努力を重ねていくことが、
      各自の仕事の充実感、生きがいに通じていくと思います。
      そんな中、毎年開催されるCS活動表彰式。この選考基準は、
      お客様から、より多く良い評価を頂いたということがCS表彰の選考基準とされるのです。
      今年は、弊社しろがねやはベテラン2名が受賞しました
       開栓業務部門 優秀賞:早川弘晃
       修理業務部門 優秀賞:岡田明剛
      長年の地道な努力が認められたことは、お客様との信頼関係を頂いたということで、
      その信頼を失わないためにも、これからも気を抜かずに、
      社員一同協力しあって、業務にまい進していきたいと願っています。
      これからもよろしくお願い申し上げます!
      ★開栓業務部門の優秀賞・受賞者
      ★修理業務部門の優秀賞・受賞者
      ★向かって左から、早川弘晃・岡田明剛

      2017年しろがねや創業69周年祭、開催中です!

      0

        ゴールデンウィークが過ぎ、

        新緑が、日に日に鮮やかになりました。

        今はツツジの満開の時でしょうか?

        少しずつ蒸し暑く感じるときが増えましたね。

         

        さて、毎年恒例の、

        弊社しろがねや創業祭が本日5/12~14まで開催中です。

        以前、ブログにてお伝えしましたように、

        弊社は、今年で創業69周年となります。

        長生きの会社」として、南区でも多くの皆様からご愛顧頂いて心より感謝です。

         

        今年も、創業69周年を記念して、

        数々の特典、プレゼントをご用意させていただきました。

         

        690円ご購入の方には、もれなく、ガラガラ抽選。

        ビルトインコンロや、レンジフードの、お見積り・ご成約には、

        愛知美浜の、美味しい乾麺「かっぱ麺」をプレゼント!

        トイレ・洗面など、リフォームのお見積りの方に、

        500円クオカード1枚プレゼント!

        あと、楽しいレトロな、お楽しみコーナー。
        5/13,14には、携帯電話・スマートフォン、相談コーナー
        を設けました。
        どうぞ皆様、お気軽に、冷やかし気分でお立ち寄りくださいませ!
        社員一同お待ち申し上げております!

        愛知美浜、明治42年創業、こだわりの麺「かっぱ麺」

        0

          今年も早いもので、春の大型連休を目前に控えています。

          初夏の香り漂う中、楽しいひと時をどうぞお過ごしくださいね。

           

          さて、しろがねやは 今年も恒例の「創業祭」を開催いたします。

          5月連休後の、5/12(金)、13(土)、14(日)の三日間

          創業69周年の、長年の感謝をこめて色々、楽しい内容を盛り込みました

           

          その中で、今回特別にご用意しましたプレゼントですが、

          レンジフード・ビルトインコンロをお見積り、お買い上げの方に、

          愛知美浜、明治42年創業、こだわりの麺「かっぱ麺」を、一袋プレゼントさせていただきます

           

          かっぱ麺」とは

          明治42年創業。愛知美浜で麺類・こんにゃく等を製造販売の「麩屋秀商店」による

          こだわりの乾麺です。

           

           

          材料は、愛知国産小麦「きぬあかり」100%使用、

          愛知美浜の海からとれた「自然塩」を使用。

          正真正銘、あいちの味です

           

           厚生労働省認定製麺技能士の有資格者の確かな技術で作られた 麺

          島田作りという製法。

           さて、これはいったいどういう製法なのでしょう?

           

          今,一般に多く流通している乾麺は両切りの物が主流です。両切りの麺は、麺自体が約20cm位しかありませんが、
          島田作りの麺はその倍の約40cmにもなる長い麺が特徴です。
          それを、まっすぐの状態ではなく、25cm位の長さで「島田髷」のように折り返して作る製法です。

          「島田作り」という名前の由来には2つありまして、
          1つは昔、麺を乾す時に、竹などにかけて乾したところ、竹に接する部分がU字型となり、
           日本髪の島田髷(しまだゆい)に似ているところからこの名が出来た。

          もう1つは半乾燥のうどんの真ん中を和紙などで結び、贈り物などにした形が
           島田髷(しまだゆい)のようになるところから島田と呼ばれた、という由来です。

          「島田作りの麺」は今の両切りのものより歴史の古い製法である、という方も居るぐらいなのです。
           ぜひ一度、
           島田作り・こだわりの麺「かっぱ麺を味わってくださいね。
          麩屋秀商店

          TEL.0569-82-0055 FAX.0569-82-5495

          〒470-2407 愛知県知多郡美浜町河和北屋敷35

          ホームページ

          http://28hide.com/


          桜の季節から、今はハナミズキが真っ盛り

          0

            の季節が終わりを迎えて、少しずつ初夏に近づきつつあります。

            今年は例年に比べて、肌寒い日が多く、の開花期間が、割合長かったと思います。

            普段は何気なく通り過ぎている街並みも、桜の季節になると、

            改めて、あちらこちらに、こんなにもが植えられていることに気づかされますね。

            そして、4月も終わりに近づき、今この時期は「ハナミズキ」の季節に移り変わりました。

             

            ハナミズキは、もともとは日本の樹ではなく、アメリカから送られた植栽だそうです。
            1912年に、当時の東京市長であった尾崎行雄が、
            アメリカ合衆国ワシントンD.Cに桜(染井吉野)を送り、
            そのお返しに日本に送られたのがハナミズキです
            「議会政治の父、憲政の神様」と言われる尾崎行雄が、をアメリカに贈り、
            その返礼にハナミズキが日本に届いたのは、太平洋戦争の起きるまえ。ぎりぎり平和な時代でありました。
            しかし第二次世界大戦で日本とアメリカの戦争がはじまり、
            敵国から贈られたということでハナミズキの原木は可哀想に殆ど伐採されたそう(涙)
            その後、戦争が終わって、再びハナミズキが植えられるようになったことから
            ハナミズキは、平和と友好のシンボルの植栽といえますね。

             


            << | 2/10PAGES | >>