しろがねやブログ

愛知美浜、明治42年創業、こだわりの麺「かっぱ麺」

0

    今年も早いもので、春の大型連休を目前に控えています。

    初夏の香り漂う中、楽しいひと時をどうぞお過ごしくださいね。

     

    さて、しろがねやは 今年も恒例の「創業祭」を開催いたします。

    5月連休後の、5/12(金)、13(土)、14(日)の三日間

    創業69周年の、長年の感謝をこめて色々、楽しい内容を盛り込みました

     

    その中で、今回特別にご用意しましたプレゼントですが、

    レンジフード・ビルトインコンロをお見積り、お買い上げの方に、

    愛知美浜、明治42年創業、こだわりの麺「かっぱ麺」を、一袋プレゼントさせていただきます

     

    かっぱ麺」とは

    明治42年創業。愛知美浜で麺類・こんにゃく等を製造販売の「麩屋秀商店」による

    こだわりの乾麺です。

     

     

    材料は、愛知国産小麦「きぬあかり」100%使用、

    愛知美浜の海からとれた「自然塩」を使用。

    正真正銘、あいちの味です

     

     厚生労働省認定製麺技能士の有資格者の確かな技術で作られた 麺

    島田作りという製法。

     さて、これはいったいどういう製法なのでしょう?

     

    今,一般に多く流通している乾麺は両切りの物が主流です。両切りの麺は、麺自体が約20cm位しかありませんが、
    島田作りの麺はその倍の約40cmにもなる長い麺が特徴です。
    それを、まっすぐの状態ではなく、25cm位の長さで「島田髷」のように折り返して作る製法です。

    「島田作り」という名前の由来には2つありまして、
    1つは昔、麺を乾す時に、竹などにかけて乾したところ、竹に接する部分がU字型となり、
     日本髪の島田髷(しまだゆい)に似ているところからこの名が出来た。

    もう1つは半乾燥のうどんの真ん中を和紙などで結び、贈り物などにした形が
     島田髷(しまだゆい)のようになるところから島田と呼ばれた、という由来です。

    「島田作りの麺」は今の両切りのものより歴史の古い製法である、という方も居るぐらいなのです。
     ぜひ一度、
     島田作り・こだわりの麺「かっぱ麺を味わってくださいね。
    麩屋秀商店

    TEL.0569-82-0055 FAX.0569-82-5495

    〒470-2407 愛知県知多郡美浜町河和北屋敷35

    ホームページ

    http://28hide.com/


    コメント
    コメントする